読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタル電撃ちゃんちゃんこ

テクノ!ガジェット!カメラにちあき!のブログだよ!

人間の肉を食べる話。脳味噌がゾクゾクするハンニバルシリーズ

私、小学生の頃に人間のお肉を食べてみたいって言う作文を書いたら、担任が親を呼んでメッチャ怒られた事件があります。そのとき、担任の教師は家庭ではどんな子で、親からはどんな教育を受けてるのか?ってことをクドクドとネチネチとうちの親に聞いてきたそうです。うちの親は好奇心だから仕方がないのかもって思って、私を叱りはしましたが、その叱られたのは「担任にしつこく怒られたと言うか、注意されたから」と言うことでした。

 

なんで私が人間のお肉を食べたいようになったって?それはもう禁断の扉を開いてくれた映画があったからです。

 

その映画とは人食い精神科医の「ハンニバル」シリーズです。

劇場公開の順番で並べます。

レッド・ドラゴン -レクター博士の沈黙-

羊たちの沈黙

ハンニバル
レッド・ドラゴン
ハンニバル・ライジング

 

レッド・ドラゴン [Blu-ray]

羊たちの沈黙 [Blu-ray] ハンニバル [Blu-ray]

ハンニバル・ライジング 完全版 プレミアム・エディション [DVD] 

 

このハンニバルシリーズで実際、人肉を食べるシーンがしっかりと描かれてるのは「ハニンバル」だけですが、ゾクゾクしまくりましたw 

 

その前作「羊たちの沈黙」でハンニバル・レクター博士の魅力に存分に取り憑かれていましたが、「ハンニバル」のラストの方でレイ・リオッタ脳みそ(このシーンはなんかマヌケな感じでしたがw)が丸出しになってそこにメスを入れ、レクター博士が本人に食べさせるシーンなんてもう官能的で背徳的で映画至上最高に残る名シーンだと思いますw だってあんなシーンそれまでの映画ではないでしょう。

 

ってことで、1年に一度は全シリーズを(劇場公開順ではなくハンニバルシリーズでの物語としての時間軸)

1.「ハンニバル・ライジング
2.「レッド・ドラゴン
3.「羊たちの沈黙
4.「ハンニバル

 

この順番で毎年見ています。

アンソニー・ホプキンスが好きなので、そのイメージが崩れないようにトマス・ハリスの原作は一度も読んだことはないです。

刺激的で、こんなに高尚な映画は私の見た映画の中では正直言ってないです。羊たちの沈黙がオスカー主要5部門を獲得するのも当たり前だと思います。

まだ見ていない人で気になった方はハンニバルシリーズの時間軸上でなく、劇場公開時の順番で見るのをオススメします!!!

(ちなみに一番最初に作られたレッド・ドラゴン -レクター博士の沈黙-アンソニー・ホプキンスレクター博士を演じてはいないバージョンの映画はたぶんレンタル屋さんでもないとは思いますので、もしあったらかなりレアです)